おくやみ:相川浩氏

元NHKのアナウンサー
2003年 11月27日 没 享年70 肝不全により死去

略歴

相川 浩(あいかわ ひろし、1933年7月6日 - 2003年11月27日)は、日本のフリーアナウンサー。元NHKアナウンサー。神奈川県横須賀市出身。 来歴・人物 東京都立西高等学校、東京経済大学卒業後の1957年、NHKに入局。『NHK紅白歌合戦』総合司会(1975年 - 1978年)、夏の紅白とも称される『思い出のメロディー』、『ゲーム ホントにホント?』(1975年 - 1976年)、『お国自慢にしひがし』(1976年 - 1978年)などの看板番組を担当した。『思い出のメロディー』では通算12回司会を担当、司会の最多記録となっている。 1991年7月にNHKを定年退職してフリーに転じ、1991年10月から日本テレビ『NNNニュースプラス1』のメインキャスターを徳光和夫の後任として1992年9月まで1年間担当した。また、『NNNニュースプラス1』担当終了後は、埼玉県新座市の十文字学園女子短期大学教授を経て、1995年4月からは母校・東京経済大学コミュニケーション学部教授を務め、2002年3月に退職。Wikipediaより

訃報

 「思い出のメロディー」などで司会を務め、元NHKの名物アナウンサーだった相川浩(あいかわ・ひろし)さんが03年11月27日、肝不全のため横浜市内の病院で亡くなった。70歳だった。

相川浩さん(元NHKのアナウンサー)が肝不全のため死去より