おくやみ:桂枝助氏

落語家
2004年 1月2日 没 享年60 膵臓がんにより死去

略歴

桂 枝助(かつら えだすけ、1943年(昭和18年)3月22日 - 2004年(平成16年)1月2日)は、東京都墨田区出身の落語家。本名は小林 光久(こばやし みつひさ)。血液型はO型。生前は落語芸術協会所属。出囃子 (落語) 出囃子は『串本節』。
1958年3月 - 2代目桂枝太郎に入門。小枝で初高座。
1963年3月 - 枝松で二つ目昇進。
1974年4月 - 枝助と改名。
古典落語 古典、新作落語 新作を両方こなした。
落語家
東京都出身の人物
1943年生
2004年没
Wikipediaより

訃報

 桂枝助氏(かつら・えだすけ=落語家、本名小林光久=こばやし・みつひさ)が04年1月2日午後3時4分、すい臓がんのため東京都新宿区の病院で死去、60歳。葬儀・告別式は8日午前9時から港区南青山2の34の1、区民斎場やすらぎ会館で。喪主は長男小林大(はじめ)氏。

桂枝助さん(落語家)がすい臓がんのため死去より