おくやみ:津島康一氏

俳優
2004年 3月21日 没 享年72 脳出血により死去

略歴

津島 康一(つしま こういち 1931年5月6日 - 2004年3月21日)は青森県出身の俳優。
政治家津島文治の長男。作家太宰治の甥。
青森県立弘前高等学校卒業。
俳優座養成所を経て、1955年、劇団仲間に参加。「森は生きている」などの舞台で活躍した他、1967年にはNHK大河ドラマ「三姉妹」に出演。1986年、NHK大河ドラマ「いのち (NHK大河ドラマ) いのち」に出演。
山口市民会館での劇団仲間公演中に舞台上で脳出血を起こして倒れ、山口市内の病院で死亡。子供はない。
日本の俳優
青森県出身の人物
1931年生
2004年没
Wikipediaより

訃報

 作家太宰治のおいで「劇団仲間」所属の俳優、津島康一(つしま・こういち)さんが04年3月21日午後8時42分ごろ、脳出血のため山口市内の病院で死去した。72歳。青森県出身。喪主や告別式などは未定。55年に劇団仲間に入団した。父親は元青森県知事で参議院議員の故津島文治、叔父は作家の太宰治。21日夜、山口市内での公演中に舞台上で倒れた。

津島康一さん(俳優)が脳出血のため死去より