おくやみ:田中守氏

元プロ野球阪急ブレーブス外野手、オリックスOB会幹事
2004年 5月18日 没 享年69 肝臓がんにより死去

略歴

田中 守(たなか まもる、1934年12月1日 - 2004年5月18日)は、兵庫県出身のプロ野球選手。ポジションは外野手。1956年から1958年の登録名は岸上 守。野球選手の田中力は息子。 来歴・人物 市立伊丹高校から1953年に阪急ブレーブスへ入団。入団してからは主に控えの野手として試合に出場した。1960年に125試合に出場し、打率.265で8年目にして初めて規定打席に到達した。翌1961年に引退。引退後はオリックスOB会の幹事を務めていたが2004年5月18日に肝臓癌のため亡くなった(69歳)。 詳細情報 年度別打撃成績 各年度の太字はリーグ最高 背番号 48 (1953年 - 1958年) 27 (1959年 - 1961年) 登録名 田中 守 (たなか まもる、1953年 - 1955年、1959年 - 1961年) 岸上 守 (1956年 - 1958年) 関連項目 兵庫県出身の人物一覧 オリックス・バファローズの選手一覧。Wikipediaより

訃報

 田中守氏(たなか・まもる=元プロ野球阪急ブレーブス外野手、オリックスOB会幹事)04年5月18日、兵庫県伊丹市の自宅で肝臓がんのため死去。69歳。53年に阪急に入団し、実働8年間で614試合に出場した。通算成績は307安打、14本塁打、139打点、打率2割4分3厘。告別式は20日午後1時15分から伊丹市昆陽5の140、伊丹平安祭典会館で行われる。喪主は長男・力(ちから)さん。自宅は伊丹市鴻池………

田中守氏(元プロ野球阪急ブレーブス外野手、オリックスOB会幹事)がより