おくやみ:金田一春彦氏

国語学者
2004年 5月19日 没 享年91 くも膜下出血により死去

略歴

金田一 春彦(きんだいち はるひこ、1913年4月3日 - 2004年5月19日)は、日本の言語学者、国語学者。国語辞典などの編纂、日本語の方言における研究でよく知られている。文学博士(東京大学、1962年)。栄典は瑞宝重光章・勲三等旭日中綬章・紫綬褒章。 その他の表彰歴として文化功労者、東京都名誉都民など。 父の金田一京助も言語学者で東京帝大教授。長男の金田一真澄はロシア語学者で慶應義塾大学教授、次男の金田一秀穂は日本語教師で杏林大学外国語学部教授、長女の美奈子はゴルフ関係のライター。父・京助の従姉妹の夫に実業家の金田一国士。 主な業績 それまで中国本国でも不明になっていた中国語の四声の具体的内容を明らかにし、それによって『類聚名義抄』から契沖や本居宣長に至る文献の四声を解釈し、平安時代から現代に至る京都語のアクセントの時代的変化を明らかにした。Wikipediaより

訃報

 方言の研究や国語辞典の編さんで知られる国語学者で文化功労者の金田一春彦(きんだいち・はるひこ)氏が04年5月19日午前11時10分、くも膜下出血のため甲府市の病院で死去した。91歳。東京都出身。自宅は東京都杉並区松庵2の8の25。葬儀・告別式は22日午後0時半から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻珠江(たまえ)さん。

金田一春彦氏(国語学者)がくも膜下出血のため死去より