おくやみ:高畠康真氏

元ロッテ打撃コーチ
2004年 7月1日 没 享年60 膵臓がんにより死去

略歴

『高畠導宏』より : 高畠 導宏(たかばたけ みちひろ、1944年1月18日 - 2004年7月1日)は、岡山県岡山市出身(倉敷市生まれ)の元プロ野球選手(外野手)・コーチ。 1977年以降、プロ野球での登録名は高畠 康真( - やすまさ)。 来歴・人物 現役時代 岡山南高校卒業後は丸善石油に入社するが、野球部が休部したため中央大学へ進学。東都大学リーグでは在学中に2度優勝を経験しており、同期に高橋善正・日野茂がいる。リーグ通算73試合出場、219打数57安打、打率.260、2本塁打、21打点。1966年の第2次ドラフト会議で読売ジャイアンツから5位指名を受けたが、これを拒否して日鉱日立へ入社。1967年の都市対抗に日立製作所の補強選手として出場し、準決勝で日本楽器と対戦して再試合の末に敗退するが、本塁打、適時二塁打を放つなど活躍。大会の優秀選手に選ばれると、同年のアジア選手権に中心打者として出場。日本の優勝に貢献したほか、年間打率.375をマークして社会人ベストナイン(外野手)にも選出された。Wikipediaより

訃報

 元ロッテ打撃コーチの高畠康真氏(たかばたけ・やすまさ=本名・導弘=みちひろ)が04年7月1日午後2時41分、すい臓がんのため東京・新宿区の病院で死去した。60歳だった。1944年(昭和19年)1月18日生まれ、岡山県出身。岡山南から中大、社会人野球の日鉱日立を経て67年にドラフト5位で南海(現ダイエー)に入団。外野手として実働5年で通算258試合に出場。377打数99安打、打率2割6分3厘、………

高畠康真さん(元ロッテ打撃コーチ)がすい臓がんのため死去より