おくやみ:新宮正春氏

作家
2004年 8月28日 没 享年69 急性呼吸不全により死去

略歴

新宮 正春(しんぐう まさはる、本名:瀬古正春 せこ まさはる、1935年1月1日 - 2004年8月28日)は、日本の小説家、著述家。和歌山県出身。 神奈川大学経済学部中退。報知新聞運動部記者を経て、1970年「安南の六連銭」で小説現代新人賞を受賞。時代小説家としてデビュー。主な作品に「安南の六連銭」、「知られざる長嶋茂雄」など。長嶋茂雄と親交が深く、長嶋と亜希子夫人の縁を取り持ったことでも知られる。 2004年8月28日、急性呼吸不全のため都内の病院で死去。享年70(69歳没)。 著書 小説 後楽園球場殺人事件 (講談社、1985年6月) ISBN 4061810200 兵庫の壺―異聞・本能寺の変 (新人物往来社、1999年2月) ISBN 4404028067 陰の絵図 (上) (集英社文庫)  ISBN 4087477819 陰の絵図 (下) (集英社文庫)  ISBN 4087477827 ノンフィクション ミスターはドンに敗れたか 善の管理と悪の管理のすべて(こう書房、1982年8月)ISBN 9784769601173 されど長嶋ジャイアンツ(集英社、1983年10月)ISBN 9784087724516 長嶋茂雄の闘争方程式―強く生きるためのキーワード33 (講談社、1993年3月) ISBN 4062063026 私のベストナイン―プロ野球超人列伝 黄金の濡れ落葉講座 (講談社、2000年3月) ISBN 4062683458 長嶋の野望-誰よりも野球を愛する男 (講談社、2000年10月)ISBN 4062683563 知られざる長嶋茂雄 (角川書店、2001年8月) ISBN 4048836730 漫画原作 影武者ジャイアンツ(報知新聞社、梅本さちお作画、全3巻)。Wikipediaより

訃報

 新宮正春氏(しんぐう・まさはる=作家、本名瀬古正春=せこ・まさはる)04年8月28日午前0時50分、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去、69歳。和歌山県出身。葬儀・告別式は親族だけで済ませた。喪主は妻瀬古恵子(せこ・けいこ)さん。

新宮正春氏(作家)が急性呼吸不全のため死去より