おくやみ:ゲルハルト・ボッセ氏

ドイツの指揮者、ヴァイオリニスト
2012年 2月1日 没 享年90 大腸がんにより死去

略歴

ゲルハルト・ボッセ(Gerhard Bosse, 1922年1月23日 - 2012年2月1日)はドイツの指揮者、ヴァイオリニスト。 1922年 ライプツィヒの東、ヴルツェンに生まれる。 1924年 ゲーラの南、グライツへ転居。 1928年 父よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。 1929年 ゲーラのコンサートマスター、カール・ゲルナーに師事。 1936年 ゲヴァントハウス管弦楽団の第1コンサートマスター、エドガー・ヴォルガント教授に師事。 1941年 ライプツィヒ音楽院では、ヴァルター・ダヴィソンにヴァイオリンを、ヨハン・ネポムク・ダーフィトに音楽理論を、エドガー・ヴォルガントにオーケストラスタディを師事。 1942年 ゲヴァントハウス管弦楽団の代用メンバーを務める。 1943年 リンツの帝国ブルックナー管弦楽団に所属。ハンス・クナッパーツブッシュ、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、カール・ベームなどのもとで演奏する。Wikipediaより

訃報

 ドイツのバイオリン奏者で指揮者のゲルハルト・ボッセさんが1日、大腸がんで死去した。90歳だった。告別式は近親者で行う。自宅は大阪府高槻市別所中の町4の1の811。喪主は妻、美智子さん。後日、お別れの会を開く。  ドイツ・ライプチヒ音楽院で学んだ後、名門ライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団で第1コンサートマスターを務めた。1961年以降、たびたび日本を訪れ、80年に霧島国際音楽祭を創設。東京芸術大………

ゲルハルト・ボッセさん=日本在住独指揮者 (2月1日) より