おくやみ:今村明恒氏

地震学者。関東大震災を予測し「地震の神様」と呼ばれた。
1948年 1月1日 没 享年77

略歴

今村 明恒(いまむら あきつね、1870年6月14日(明治3年5月16日) - 1948年1月1日)は日本の地震学者。 生涯 1870年、鹿児島県鹿児島市に薩摩藩士・今村明清の三男として生まれた。 鹿児島高等中学造士館予科を経て第一高等中学校(現在の東京大学教養学部)を卒業後、1891年に東京帝国大学理科大学(現在の東京大学)物理学科に進学、大学院では地震学講座に入り、そのまま講座助教授となる。1896年からは陸軍教授を兼任し、参謀本部陸地測量部で数学を教えた。明治三陸地震発生を期に、1899年に津波は海底の地殻変動を原因とする説を提唱した。現在では広く受け入れられている説であるが、発表当時はほとんど受け入れられなかった。 明恒は、震災予防調査会のまとめた過去の地震の記録から、関東地方では周期的に大地震が起こるものと予想し、1905年に、今後50年以内に東京での大地震が発生することを警告し、震災対策を迫る記事「市街地に於る地震の生命及財産に對する損害を輕減する簡法」を、雑誌『太陽』に寄稿した。Wikipediaより