おくやみ:愛新覚羅奕譞氏

清の道光帝の第7子で、初代醇親王
1970年 1月1日 没 享年50

略歴

『醇親王 (初代)』より : 愛新覚羅 奕譞(あいしんかくら えきけん、アイシンギョロ・イフワン、満州語:ᠠᡞᠰᡞᠨ ᡤᡞᠣᠷᠣᡞ ᡥᡠᠸᠠᠩ、転写:Aisin-gioro I-huwan、1840年10月16日 - 1891年1月1日)は、清の皇族。道光帝の第7子で、初代醇親王。母は荘順皇貴妃。咸豊帝、惇親王奕誴、恭親王奕訢の弟。正室は西太后の妹。息子は載湉(光緒帝)、載澧(第2代醇親王、宣統帝の実父)、載洵、載濤など。諡は賢。 道光30年(1850年)、兄の咸豊帝が即位すると醇郡王に封ぜられた。咸豊11年(1861年)に咸豊帝が崩御すると東太后・西太后ともう1人の兄・恭親王奕訢に協力してクーデターを起こし、怡親王載垣、鄭親王端華、粛順らを排斥(辛酉政変)、甥の同治帝が即位すると都統、御前大臣、領侍を命ぜられ、親王に上った。西太后から謙虚な姿勢を気に入られ様々な特典を与えられたが、政争に巻き込まれないよう慎重に日々を過ごした。 光緒元年(1875年)、同治帝が子を残さずに死去すると、西太后は自身の妹を母とする奕譞の第2子載湉を同治帝の子として即位させた(光緒帝)。Wikipediaより