おくやみ:本田靖春氏

ノンフィクション作家
2004年 12月4日 没 享年71 多臓器不全により死去

略歴

本田 靖春(ほんだ やすはる、1933年3月21日 - 2004年12月4日)は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家。 来歴・人物 朝鮮京城生まれ。東京都立千歳高等学校、早稲田大学政治経済学部新聞学科卒。高校時代の同級生に映画監督の恩地日出夫がいる。1955年、読売新聞社に入社。直後から社会部に在籍、朝日新聞社の深代惇郎とは同じ警察担当記者として接点があった。 1964年、売血の実態を抉った「黄色い血」追放キャンペーンは大きな反響を呼び、献血事業の改善につながった。その数々の功績から「東の本田、西の黒田」と称えられるエース記者だった。ニューヨーク支局勤務ののち、1971年、退社、フリーでルポルタージュを行い、1984年、売春汚職事件で一時逮捕された立松和博記者を取り上げた『不当逮捕』で第6回講談社ノンフィクション賞受賞。『誘拐』(1977)は吉展ちゃん事件を扱い、『私戦』は金嬉老事件を扱ったもの。大宅賞選考委員も務めた。 2000年に糖尿病のため両脚を切断、大腸癌も患い、同年から『月刊現代』で「我、拗ね者として生涯を閉ず」の連載を開始、46回で中絶した。Wikipediaより

訃報

 「不当逮捕」「誘拐」などで知られるノンフィクション作家、本田靖春(ほんだ・やすはる)氏が04年12月4日午後2時49分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。71歳。ソウル生まれ。葬儀は近親者で済ませた。

本田靖春氏(ノンフィクション作家)が多臓器不全のため死去 より