おくやみ:加藤正夫氏

囲碁棋士9段、日本棋院理事長
2004年 12月30日 没 享年57 脳梗塞により死去

略歴

加藤 正夫(かとう まさお 1947年3月15日 - 2004年12月30日)は日本の囲碁棋士。号は「劔正」。同じ木谷實門下の石田芳夫・武宮正樹とともに「木谷三羽烏」「黄金トリオ」と呼ばれ、名人2期、本因坊4期、王座11期など数々のタイトルを獲得し、名誉王座の称号を持つ。七大タイトル獲得数歴代3位。棋道賞最優秀棋士賞を7度受賞(歴代2位タイ記録)。 若い頃は力ずくで大石を仕留める豪腕から「殺し屋」のニックネームがあったが、棋風とは裏腹に穏和で面倒見の良い人柄で人望が厚かった。2004年には日本棋院理事長に就任、日本棋院の改革に取り組むが、2004年暮れに脳梗塞に倒れ、死去した。享年57。門下に大森泰志、岡田伸一郎、鈴木伊佐男、梅沢由香里、小山栄美ら。 妻は書家の加藤石泉。妻の両親もそれぞれ書家である佐々木泰南・佐々木月花であり、佐々木泰南は木谷道場に書の指導に来ていた。 2005年2月8日、その功績により旭日小綬章追贈。 1947年 (0歳) 福岡県朝倉郡朝倉町(現朝倉市)にて誕生。Wikipediaより

訃報

 加藤正夫氏(かとう・まさお=囲碁棋士9段、日本棋院理事長)04年12月30日午後0時33分、脳こうそくと合併症のため東京都世田谷区の病院で死去、57歳。自宅は世田谷区桜丘4の9の17。葬儀・告別式、喪主は未定。  59年、木谷実9段に入門。「殺し屋」の異名を持ち、相手の大石を仕留める豪快な棋風で名人2期、本因坊4期、王座は8連覇を含む通算11期、十段7期、天元4期、碁聖3期などのタイトルを獲………

加藤正夫氏(囲碁棋士9段、日本棋院理事長)が脳こうそくと合併症のたより