おくやみ:成田文男氏

日本の元プロ野球選手【東京
2011年 4月21日 没 享年65 肝不全により死去

略歴

成田 文男(なりた ふみお、1946年10月2日 - 2011年4月21日)は、東京都足立区出身の元プロ野球選手(投手)。 来歴・人物 幼少期は秋田県で過ごす。 修徳高校では1年生の時、1962年夏の都大会決勝に進み、春の選抜で準優勝した日大三高のエース井上治男(早大-日本石油)と投げ合うが、倍賞明(日大-鐘紡-日産自動車)に適時打を喫し完封負け。3年生の1964年夏も都大会決勝に進出。荒川尭(旧姓出澤)、大矢明彦のいた早実高を破り、第46回全国高等学校野球選手権大会に出場。修徳を春夏通じて初の甲子園出場に導いた。しかし2回戦(初戦)で海南の山下慶徳投手に抑えられ敗退。 1965年に東京オリオンズに入団。速球と切れのいいスライダーを武器に、入団2年目の1966年から主力投手として活躍する。 1968年から1970年にかけて3年連続20勝を達成。この間、1969年8月16日の対阪急ブレーブス戦でノーヒットノーランを達成。1970年には25勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、同年のロッテのリーグ優勝に大きく貢献した。Wikipediaより

訃報

 プロ野球ロッテ、日本ハムの投手として1960年代から80年代にかけて活躍し、最多勝に2度輝いた成田文男(なりた・ふみお)氏が21日、肝不全のため死去した。64歳だった。東京都出身。葬儀は済ませた。  成田氏は65年に東京(現ロッテ)に入団し、速球とスライダーを武器に68年から3年連続で20勝以上をマーク。69年8月16日の阪急戦では、ノーヒットノーランを達成。70年に自己最多の25勝で最多勝の………

成田文男氏=元プロ野球ロッテ、日本ハム投手 (4月25日) より