おくやみ:植木等氏

コメディアン
2007年 3月27日 没 享年80 呼吸不全により死去

略歴

植木 等(うえき ひとし、1926年12月25日〈戸籍上は1927年2月25日〉 - 2007年3月27日)は、日本の俳優、コメディアン、歌手、ギタリスト、タレントである。 高度経済成長時代を象徴するコメディアンとして1960年代に一世を風靡し、数々のヒットギャグ、ヒット曲を放った。仲間内での愛称はボンさん、植木屋、植木やん。 長男は作曲家の比呂公一。妹の夫に部落問題研究者の川村善二郎。御木本幸吉は、父方の祖母の親類にあたる。 愛知県名古屋市に生まれる。父・植木徹誠は、真宗大谷派名古屋別院にて僧侶の修行中だった。本人が『徹子の部屋』で語ったところによると、植木は大正天皇が崩御した日(1926年)に生まれたが(時間は定かではない)、ちょうど父が体調を崩していたので、叔父・保之助が役所への届けをまかされた。しかし、叔父が届けを忘れ、翌年ようやく出生届が出されたため、戸籍上は「昭和2年」(1927年)生まれとなったという。なお、届けが遅れたため、幾ばくかの罰金を徴収されたという。植木本人は「三世代に亘ってしまいました」と笑い飛ばしていた。Wikipediaより

訃報

「クレージーキャッツ」のメンバーとして高度成長時代に爆発的な人気を博したコメディアンで俳優の植木等さんが07年3月27日午前10時41分、都内の病院で呼吸不全のため亡くなった。80歳。「お呼びでない?」のギャグや大ヒット曲「スーダラ節」、映画「無責任男シリーズ」で60年代の日本に笑いを振りまいた。今年1月に入院し、3月中旬から病状が悪化していた。故人の遺言で通夜・告別式は密葬で営み、後日、お別………

植木等さん(コメディアン・俳優)が呼吸不全のため死去より