おくやみ:ニコライ・アンドリアノフ氏

ソビエト連邦/ロシアの体操選手、体操指導者
2011年 3月21日 没 享年59 出身地のウラジーミル(ロシア)により死去

略歴

ニコライ・エフィーモヴィチ・アンドリアノフ(Николай Ефимович Андрианов, 1952年10月14日 - 2011年3月21日)は、ソビエト連邦(ロシア)の体操競技選手。夏季オリンピックに3度出場(ミュンヘン、モントリオール、モスクワ)し、7個の金メダル、通算15個のメダルを獲得(男子世界歴代2位)した、1970年代の旧ソ連の体操男子エース。 父親が家を出て行ってしまったため、母親一人の手で四人兄弟の一人として育てられた。貧しかっ た彼はチンピラまがいのことをしていた。 11歳の時にロシアのウラジーミルにある体操教室「ブレヴェスニク」に入り、ソビエト連邦の高名な体操トレーナーであるニコライ・トルカチェフ の指導を受けるようになった。 1969年にソ連のユースチームに選ばれ、1970年にはシニアの代表チームに選ばれた。1971年にスペインのマドリードで開かれたヨーロッパ体操競技選手権ではあん馬と跳馬で金メダルを獲得、1972年のソビエト選手権では個人総合で優勝した。Wikipediaより

訃報

 旧ソ連の体操男子エースとして五輪通算7個の金メダルを獲得したニコライ・アンドリアノフ氏が21日、出身地のウラジーミル(ロシア)で死去した。58歳だった。ロイター通信が報じた。アンドリアノフ氏は進行性の神経障害を患っていた。  「体操ニッポン」のライバルとして知られ、1972年ミュンヘン、76年モントリオール、80年モスクワの五輪3大会に出場して、個人、団体合わせて七つの金を含む通算15個(男子………

ニコライ・アンドリアノフ氏=旧ソ連体操男子の金メダリスト (3月22日) より