おくやみ:木原光知子氏

東京五輪日本代表
2007年 10月18日 没 享年59 くも膜下出血により死去

略歴

木原 光知子(きはら みちこ、1948年4月5日 - 2007年10月18日)は元水泳選手で、タレント・実業家・スイミングアドバイザー、「ミミスイミングクラブ」創立者。競技の現役時代、タレント時代前期、実業家として名前は本名の「木原美知子」となっている。実兄はJU岡山理事長・JU中四国会長を歴任し現在はミミスイミングクラブを経営するK&Mインターナショナル代表取締役の木原信良。 来歴・生涯 兵庫県明石市生まれ、岡山県岡山市で育ち、岡山市立南方小学校、岡山市立旭中学校、岡山山陽女子高等学校、日本大学文理学部卒業。 中学時代から田中聡子のあとの日本水泳界を背負う最大のホープと騒がれる。100m自由形が主であったが、400m自由形や背泳ぎ、バタフライ、個人メドレーなどでもトップクラスのオールラウンダーであった。進学した山陽女子高には水泳部がなく、また岡山には冬の間泳げる温水プールはなく、和歌山県白浜や広島県呉市の海上自衛隊の室内プールに通う。 高校在学時に1964年東京オリンピックに出場し「ミミ」の愛称で一躍アイドル選手となった。Wikipediaより

訃報

 16歳だった64年の東京五輪で競泳に出場、引退後はタレントとしても活躍した木原光知子(きはら・みちこ=本名美知子)さんが18日、くも膜下出血のため神奈川県平塚市の病院で死去した。59歳だった。近く近親者のみで密葬を行い、改めて本葬を行う。自宅は公表していない。 木原さんは13日午後、平塚市で行われていた親子水泳教室の指導中に倒れ、入院していた。

東京五輪で競泳出場の木原光知子さんが死去より