おくやみ:藤木悠氏

俳優
2005年 12月19日 没 享年74 多臓器不全により死去

略歴

藤木 悠(ふじき ゆう、1931年3月2日 - 2005年12月19日)は、日本の俳優。東京府荏原郡荏原町(現・東京都品川区)出身の大阪府大阪市西成区育ち。身長180cm。血液型A型。趣味・特技はフェンシング。本名は鈴木 悠蔵(すずき ゆうぞう)。 来歴・人物 大阪府立鳳高等学校、同志社大学文学部卒業。大学在学中の1951年、全日本フェンシング選手権大会男子エペ個人優勝。後に映画『リオの若大将』では出演すると共にフェンシングシーンの監修もおこなった。1953年、東宝ニューフェイス第6期に合格、同期に岡田眞澄・宝田明・佐原健二・河内桃子がいた。翌年の映画『魔子恐るべし』でデビュー。『イカサマ紳士録』(1956年)の競馬予想屋役で注目され、『サラリーマンシリーズ』(1961年)で人気となり、共演した高島忠夫とは親友だった。ほかには『隠し砦の三悪人』(1958年)、『小早川家の秋』(1961年)や『キングコング対ゴジラ』(1962年)、テレビドラマ『青春とはなんだ』に出演し、1974年にフリー。Wikipediaより

訃報

映画、テレビの渋い脇役として活躍した俳優の藤木悠(ふじき・ゆう、本名・鈴木悠蔵=すずき・ゆうぞう)さんが19日、肺塞栓(そくせん)症による多臓器不全のため亡くなった。74歳。同志社大卒業後、東宝ニューフェースに合格。1954年に本格デビューした。黒沢明監督「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」、小津安二郎監督「小早川家の秋」などの名作で存在感のある演技を見せ、「サラリーマン弥次喜多道中」などのシリーズ………

藤木悠さん74歳=俳優 渋い脇役として活躍より