おくやみ:宮本顕治氏

元日本共産党中央委員会議長
2007年 7月18日 没 享年98 老衰により死去

略歴

宮本 顕治(みやもと けんじ、1908年(明治41年)10月17日 - 2007年(平成19年)7月18日)は、日本の政治家、文芸評論家。通称ミヤケン。 戦前の非合法政党時代からの日本共産党の活動家であり、戦後、1958年に党の書記長に就任してから40年間、日本共産党を指導した。参議院議員(2期)を務め、日本共産党書記長、同委員長、同議長を歴任。 学生時代から入党まで 山口県現在の光市上島田出身。 旧制徳山中学校から松山高等学校に進学、社会科学研究会を創立し、文芸誌『白亜紀』を発行するなどの活動をおこなった。 東大在学中の1929年(昭和4年)8月、芥川龍之介を論じた「『敗北』の文学」で雑誌『改造』の懸賞論文に当選し、文壇にデビュー(次席は小林秀雄の『様々なる意匠』)。1931年(昭和6年)3月、東京帝国大学経済学部卒業。 1931年(昭和6年)5月、日本共産党に入党し、日本プロレタリア作家同盟に加盟。 その後、党の中央アジテーション・プロパガンダ部員に就任。 1932年(昭和7年)2月、作家・中條百合子と結婚(ただし事実婚)。Wikipediaより

訃報

半世紀にわたって共産党の指導的地位にあった党名誉役員の宮本顕治(みやもと・けんじ)元議長が07年7月18日午後2時33分、老衰のため都内の病院で死去した。98歳。山口県出身。葬儀・告別式の日取り、喪主などは未定。

宮本顕治元共産議長が老衰のため死去より