おくやみ:フアン・アントニオ・サマランチ氏

スペインの外交官
2010年 4月21日 没 享年90 心臓疾患により死去

略歴

フアン・アントニオ・サマランチ・トレジョー(スペイン語:Juan Antonio Samaranch Torelló、カタルーニャ語:Joan Antoni Samaranch i Torelló ジュアン・アントーニ・サマランク・イ・トゥラリョー、1920年7月17日 - 2010年4月21日)は、スペイン・バルセロナ出身のスポーツ官僚であり、1980年から2001年にかけて国際オリンピック委員会(IOC)の会長を務めた人物。 プロフィール 繊維業を営む裕福な一族に生まれたサマランチは、少年時代にローラーホッケーに親しんだ。スペイン内戦では当初共和国派として戦うが、第二共和国政府には懐疑的で、程なくフランスに出る。内戦がスペイン国粋主義の反乱軍の勝利で終わると帰国し、フランシスコ・フランコのファランヘ党に加わった。 スポーツ・ジャーナリストとして社会人のキャリアを始め、1942-1943年シーズンの総統杯準決勝、レアル・マドリード対FCバルセロナ第2ラウンド(マドリードがバルセロナを11-1の大差で下した)では、ホームであるマドリードのサポーターを批判して、所属していた会社を解雇された事もある。Wikipediaより

訃報

 【ロンドン=近藤雄二】国際オリンピック委員会(IOC)前会長のフアン・アントニオ・サマランチ氏(スペイン)が21日、心臓疾患のため、バルセロナ市内の病院で死去した。89歳だった。  バルセロナ出身のサマランチ氏は、1980年から2001年まで、21年にわたりIOC会長を務め、退任後は終身名誉会長となった。商業主義を拡大して五輪とIOCの財政基盤を確立し、アマチュアリズムに終止符を打つなど、大き………

フアン・アントニオ・サマランチ氏=IOC前会長 (4月21日) より