おくやみ:加藤芳郎氏

漫画家
2006年 1月6日 没 享年80 呼吸不全により死去

略歴

加藤 芳郎(かとう よしろう、1925年6月25日 - 2006年1月6日)は、日本の漫画家、タレント、司会者。 来歴・人物 東京都新宿区生まれ。父親は岩手県奥州市水沢区、母親は埼玉県の出身。病院で働きながら東京都立新宿高等学校定時制を卒業後、都職員(公園緑地課)として働きながら1947年より漫画を書き始めた。「オンボロ人生」「千匹の忍者」「オレはオバケだぞ」など庶民的なユーモアとナンセンスにあふれた作風で人気となる。特に1954年から毎日新聞夕刊で連載された「まっぴら君」などの作品で知られ、2001年6月23日掲載を最後に病気で中断するまで連載47年間、13615回に達し、全国紙では空前の連載記録を樹立。漫画界では横山泰三、荻原賢次と共に戦後派三天才と呼ばれた。 またタレントとして「テレビ三面記事 ウィークエンダー」(日本テレビ)の司会、「テレフォン人生相談」(ニッポン放送)パーソナリティー、「連想ゲーム」(NHK総合テレビ)の白組·男性軍のキャプテンも務めた。Wikipediaより

訃報

「まっぴら君」などで知られる人気漫画家の加藤芳郎(かとう・よしろう)さんが06年1月6日に呼吸不全のため都内の病院で死去していたことが16日、分かった。80歳だった。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は妻の敏江(としえ)さん。

加藤芳郎さん(漫画家)が呼吸不全のため死去より