おくやみ:千葉晴久氏

ソルトレーク冬季五輪スノーボード・コーチ
2006年 2月8日 没 享年54 肝不全により死去

訃報

 千葉晴久氏(ちば・はるひさ=72年札幌、76年インスブルック冬季五輪アルペンスキー代表、02年ソルトレーク冬季五輪スノーボード・コーチ)06年2月8日午後6時38分、肝不全のため東京都品川区の病院で死去、54歳。北海道出身。葬儀・告別式は13日午前10時から東京都世田谷区瀬田4の16の1、瀬田教会で。喪主は妻久恵(ひさえ)さん。

千葉晴久氏(ソルトレーク冬季五輪スノーボード・コーチ)が肝不全のたより