おくやみ:ハインリヒ・ヒムラー氏

ドイツナチス親衛隊の第4代親衛隊全国指導者。ユダヤ人のホロコーストを組織的に実行した。
1945年 5月23日 没 享年44 自殺により死去

略歴

ハインリヒ・ルイトポルト・ヒムラー(Heinrich Luitpold Himmler, de-Heinrich Himmler.ogg 発音、1900年10月7日 - 1945年5月23日)は、ドイツの政治家。 1929年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の準軍事組織である親衛隊(SS)の第3代親衛隊全国指導者(RFSS)に就任し、党内警察業務を司った。ナチ党の政権掌握後には、1934年にプロイセン邦の秘密国家警察ゲシュタポ副長官、1936年には親衛隊全国指導者兼全ドイツ警察長官に任命されて国内の警察機構を一手に掌握した(ゲシュタポは全国の政治警察を直轄する組織となった)。政権末期の1943年にはヒトラー内閣内務大臣も兼務するようになった。ナチ体制は当初、一元的に統制されているとは言いがたい多頭制の様相を呈していたが、その中でヒムラー率いる親衛隊が次々に権限を拡大して優位に立ったことにより、ナチ体制は「親衛隊国家」の性格を色濃くした。Wikipediaより