おくやみ:田中智學氏

明治期から昭和初期にかけての宗教家。日蓮主義と国体主義・国家主義による社会運動を目的として立憲養正會を創設した。
1939年 11月17日 没 享年77

略歴

田中 智學(たなか ちがく、田中 智学、1861年12月14日(文久元年11月13日) - 1939年11月17日)は、第二次世界大戦前の日本の宗教家。本名は巴之助。 生涯 多田玄龍・凛子の三男として江戸で生まれ、10歳で日蓮宗の宗門に入り智學と称した。1872年(明治5年)から田中姓を称している。その後、宗学に疑問を持って還俗し、宗門改革を目指して1880年(明治13年)に横浜で蓮華会を設立。4年後の1884年(明治17年)に活動拠点を東京へ移し立正安国会と改称、1914年(大正3年)には諸団体を統合して国柱会を結成した。日蓮主義運動を展開し、日本国体学を創始、推進し、高山樗牛・姉崎正治らの支持を得た。1923年(大正12年)11月3日、日蓮主義と国体主義による社会運動を行うことを目的として立憲養正會を創設し総裁となった。 八紘一宇 八紘一宇とは日本建国の主義である「道義的世界統一」を意味する。 大正2年3月11日に機関紙、国柱新聞「神武天皇の建国」にて言及。 この言葉の典拠となったのは『日本書紀』巻第三・神武天皇即位前紀己未年三月丁卯条の「令」にある であるが、智學は「下則弘皇孫養正之心。Wikipediaより