おくやみ:南雲忠一氏

日本海軍の軍人、最終階級は海軍大将。サイパン島の戦いで戦死。
1944年 7月8日 没 享年57 戦死により死去

略歴

南雲 忠一(なぐも ちゅういち、1887年(明治20年)3月25日 - 1944年(昭和19年)7月6日)は、日本の海軍軍人。海兵36期。最終階級は海軍大将。サイパン島において自決。 生涯 山形県米沢市信夫町出身。旧米沢藩御扶持方(中士階級)南雲周蔵、志んの次男として生まれる。6人兄弟姉の末子であった。米沢尋常中学興譲館を経て、1905年(明治38年)海軍兵学校36期に入校。海軍兵学校では三号、二号生徒でそれぞれ学術優等賞を授与された。1908年(明治41年)、海兵36期を191人中5番の成績で卒業。海軍少尉候補生となり巡洋艦「宗谷」乗組。 1918年(大正7年)12月1日、海軍大学校甲種学生18期生となる。1920年(大正9年)海大甲種第18期を次席で卒業。1920年(大正9年)12月1日 海軍少佐に昇進。 艦隊派 1930年(昭和5年)頃の南雲は艦隊派(軍縮条約反対派)の論客として知られ、山本五十六や井上成美と対立し、その政治的な活動は外部にも知られていた。Wikipediaより