おくやみ:船越義珍氏

沖縄の空手家。初めて空手(当時は唐手)を本土に紹介した一人。
1957年 4月26日 没 享年88

略歴

船越 義珍(ふなこし ぎちん、1868年12月23日(明治元年11月10日) - 1957年4月26日)は、沖縄県出身の空手家。初めて空手(当時は唐手)を本土に紹介した一人であり、松濤館流の事実上の開祖。本土での空手普及に功績があった。経歴や実力については不明な部分もある。 生涯 生い立ち 船越義珍は、明治元年(1868年、戸籍上は明治3年)、冨名腰義枢の長男として、首里山川村(現・那覇市首里山川町)に生まれた。童名は思亀(ウミカミ)、唐名は容宜仁。容氏冨名腰家は、泊士族の名門・容氏山田家の支流(分家)であり、代々首里王府に仕えた下級士族(筑登之(チクドゥン)家)であった。祖父・義福は、聞得大君御殿(きこえおおきみうどぅん、最高神女・聞得大君の住まう御殿)の台所方筆者(書記職)を務め、退職の際には汀良村(現・那覇市首里汀良町)に家屋敷を賜ったとされるが、父・義枢が大酒飲みであったため一家は没落し、義珍が生まれたときには、借家住まいの困窮した生活を送っていた。Wikipediaより