おくやみ:中山博道氏

武術家、神道無念流第7代宗家。剣術、居合、杖術を極め、多くの流派の技を研究し「最後の武芸者」とも呼ばれた。
1958年 12月14日 没 享年85

略歴

中山 博道(なかやま はくどう / ひろみち、1872年(明治5年)2月11日 - 1958年(昭和33年)12月14日)は、日本の武道家。流派は神道無念流剣術、夢想神伝流居合、神道夢想流杖術。称号は剣道範士、居合術範士、杖術範士。大日本武徳会から史上初めて剣・居・杖の三道で範士号を授与された人物である。 旧加賀藩士(祐筆役)中山源之丞の八男として、現在の石川県金沢市に生まれる。明治維新の混乱で家が零落し、5歳のとき一家で富山県富山市に移住。8歳で同市の商家へ丁稚奉公に出され、働きながら剣術、柔術を学ぶ。 18歳のとき東京府神田西小川町の有信館道場(神道無念流・根岸信五郎)に入門。23歳で順免許、27歳で免許、28歳で師範代を許され、根岸の養子となる。中山家に復したのち、本郷真砂町に道場を建て、神道無念流・有信館を継承する。 神道夢想流杖術を内田良五郎に、無双神伝英信流居合を細川義昌に学ぶ。その後、大日本武徳会から前人未到の剣道・居合術・杖術の三範士号を授与され、昭和初期の剣道界において高野佐三郎と並ぶ最高権威者となった。Wikipediaより