おくやみ:リヒャルト・ゾルゲ氏

日本で諜報活動を行ったソ連軍のスパイ
1944年 11月7日 没 享年49 死刑により死去

略歴

リヒャルト・ゾルゲ(ドイツ語: Richard Sorge, ロシア語: Рихард Зорге, 1895年10月4日 - 1944年11月7日)は、ソビエト連邦のスパイ。1933年(昭和8年)から1941年(昭和16年)にかけてゾルゲ諜報団を組織して日本で諜報活動を行い、ドイツと日本の対ソ参戦の可能性などの調査に従事し、ゾルゲ事件の首謀者として日本を震撼させた。 生涯 スパイになるまで 石油会社に勤めコーカサスで仕事をしていたドイツ人鉱山技師のヴィルヘルムとロシア人ニナとの間に9人兄弟の1人として、ロシア帝国バクー県のサブンチで生まれる。父方の大叔父フリードリヒ・アドルフ・ゾルゲ(Friedrich Adolf Sorge)はカール・マルクスの秘書であり、ハーグ大会後の第一インターナショナル・ニューヨーク本部の書記長であった。3歳の時に家族とともにベルリンに移住、ベルリン大学に通う。 1914年10月に第一次世界大戦が勃発すると、ゾルゲはドイツ陸軍に志願した。1916年3月に西部戦線で両足に重傷を負い、入院していた時にキール大学で社会学を専攻する従軍看護婦から社会主義理論を聞かされる。Wikipediaより