おくやみ:松本竜助氏

お笑い芸人
2006年 4月1日 没 享年49 脳出血により死去

略歴

松本 竜助(まつもと りゅうすけ、1956年4月6日 - 2006年4月1日)は、日本のお笑い芸人。本名、松本 稔(まつもと みのる)。徳島県出身。大阪市立都島工業高等学校卒業。 経歴・生涯 芸人修行 大阪市立都島工業高等学校を卒業後、大手食品会社の味の素ゼネラルフーヅ(味の素グループ)に就職しサラリーマンとなったものの早々と退職、京都花月の舞台裏方として芸人修行に入る。 紳助・竜介時代 1977年、松本竜介の名前で島田紳助と共に漫才コンビ「紳助・竜介」を結成。紳助が明石家さんまと組もうとして断られ紹介されたのが竜介である。(ただし、島田紳助著『自己プロデュース力』にはさんまに断られたという記述はない)「松本竜介」は西川のりおが命名した芸名である。結成当初、紳助を「この男なら漫才をやりたい。どこまでそう思えるか。それが大事や。」と語っている。 漫才ブームの波に乗り、吉本興業の看板芸人一員として一世を風靡する。駆け出しの頃から女遊びが激しく、当時関係を持った女性は300人を軽く超えるといわれた。Wikipediaより

訃報

 漫才コンビ「紳助・竜介」で一世を風靡(び)した元タレント松本竜助さん(まつもと・りゅうすけ、本名・稔=みのる)が06年4月1日午前5時2分、大阪市内の病院で脳出血のため亡くなった。49歳。50歳を機に再び漫才をする約束をしていた相方の島田紳助(50)は「ネタ合わせ、嫌やったんやろ」と号泣。竜助さんを「戦友」と呼び「アホ、ボケしか言うことない。悔しい」と声を振り絞った。また竜助さんが自叙伝を執………

松本竜助さん(元タレント)が脳出血のため死去より