おくやみ:川上音二郎氏

新派の俳優、「オッペケペー節」で一世を風靡した
1911年 11月11日 没 47により死去

略歴

川上 音二郎(かわかみ おとじろう、1864年2月8日(文久4年1月1日) - 1911年11月11日)は、筑前黒田藩(福岡藩)出身の「オッペケペー節」で一世を風靡した興行師・芸術家、新派劇の創始者。川上の始めた書生芝居、壮士芝居はやがて新派となり、旧劇(歌舞伎)をしのぐ人気を博した。「新派劇の父」と称される。 幼名は川上 音吉(かわかみ おときち)。上方噺家としての名跡は浮世亭 ◯◯(うきよてい まるまる)。号は歎水。 生い立ち 1864年(文久4年)、筑前国博多中対馬小路町、現在の福岡市博多区対馬小路に生まれた。福岡藩主黒田氏の郷士及び豪商・川上専蔵の子。論語や孟子を学び、旧制福岡中学校の前身に進学するが、継母と折り合いが悪く、1878年(明治11年)、家を飛び出し大阪へ密航。見つかるが出奔し東京へ行った。 無銭飲食で追われつつ江戸にたどり着き、口入れ屋・「桂庵」の奉公人に転がり込むが長続きせず、吉原遊郭などを転々とする。 増上寺の小僧をしていた時に、毎朝寺に散歩に来る福澤諭吉と出会い、慶應義塾の学僕(雑用を手伝いながら勉強する生徒)・書生として慶應義塾に学び、一時は警視庁巡査となる。Wikipediaより