おくやみ:渡辺温氏

推理作家、幻想作家
1930年 2月10日 没 享年27 交通事故により死去

略歴

渡辺 温(わたなべ おん、1902年(明治35年)8月26日 - 1930年(昭和5年)2月10日)は、日本の推理作家・幻想小説家。本名は同じ。渡辺伊太郎・渡辺ツネの三男、推理作家渡辺啓助の実弟。北海道谷好村(現・北斗市)生まれ。 1905年2月東京市深川に転居、スラム街の社宅で幼少期を過ごす。1912年8月茨城県高鈴村(現・日立市)に転居。旧制水戸中学校を卒業し、1920年4月慶應義塾大学予科に入学(文科)。翌1921年4月、慶應義塾高等部に入学。このころ、啓助と福田耕太郎とともに共同生活を営む。1924年7月、プラトン社の雑誌「苦楽」の行った映画原案に「影」を投稿し一等入選。この時の選者が谷崎潤一郎と小山内薫だった。 1927年、博文館に入社、横溝正史編集長のもとで雑誌「新青年」の編集に携わる。モーニングを着、シルクハットを被って博文館に通った逸話は、温のモダニズムへの傾倒を端的に示すものとして夙に知られている。 1928年、創作活動に専念すべく博文館を退社。翌1929年4月、啓助とともに江戸川乱歩の代訳を行った「ポー、ホフマン集」(改造社世界大衆文学全集・30巻)が刊行される(二人はポーを担当)。Wikipediaより