おくやみ:清水由貴子氏

歌手、女優
2009年 4月21日 没 享年49 自殺により死去

略歴

清水 由貴子(しみず ゆきこ、本名同じ、1959年9月7日 - 2009年4月20日)は、東京都出身の歌手・女優・タレントである。愛称は「ユッコ」。 来歴・人物 芸能界デビュー 1976年2月18日(放映は同年3月14日)、NTVのオーディション番組『スター誕生!』の第16回決戦大会でイルカの『なごり雪』を歌い、芸能プロダクション、レコード会社合わせて14社からスカウトのプラカードが上がる。同じこの決戦大会で合格し、のちにピンク・レディーとなる根本美鶴代と増田恵子の二人組をおさえての最優秀賞(グランドチャンピオン)だった。当時の「スター誕生!」の審査員で、デビュー曲の作詞も手がけた阿久悠によれば、テレビ予選に合格した時点ですでに次の決戦大会の大本命として、各社スカウトマンから注目されていたという。 決戦大会後は日本テレビを交えた作戦会議が何度も開かれ、期待の新人として万全に万全を期す形で、合格から1年後の1977年3月1日に「お元気ですか」でCBS・ソニーから歌手デビュー。Wikipediaより

訃報

タレント清水由貴子が21日、父が眠る静岡・御殿場市の富士霊園で死亡しているのが発見された。49歳だった。調べによると、午後1時30分ごろに清水さんと母親が倒れているのを、霊園の職員が発見。救急車が駆け付けたが、清水さんはすでに死亡していた。母親は意識不明のまま病院に運ばれている。死因は、硫化水素を吸った自殺とみられている。清水さんは、1976年2月18日のテレビ番組「スター誕生!」で、ピンクレ………

清水由貴子が父の霊園で自殺か、母は重体 - 芸能ニュース : nikkansports.comより