おくやみ:加藤周一氏

評論家
2008年 12月5日 没 享年89 多臓器不全により死去

略歴

加藤 周一(かとう しゅういち、1919年(大正8年)9月19日 - 2008年(平成20年)12月5日)は日本の評論家。医学博士(専門は内科学、血液学)。妻は評論家・翻訳家の矢島翠。 上智大学教授、イェール大学講師、ブラウン大学講師、ベルリン自由大学およびミュンヘン大学客員教授、ブリティッシュ・コロンビア大学教授、立命館大学国際関係学部客員教授、立命館大学国際平和ミュージアム館長などを歴任。哲学者の鶴見俊輔、作家の大江健三郎らと結成した「九条の会」の呼びかけ人。 生涯 医学から文学へ 東京府豊多摩郡渋谷町金王町(現在の東京都渋谷区渋谷)出身。父は埼玉県の地主の次男で、渋谷町立常磐松尋常小学校(現・渋谷区立常磐松小学校)から東京府立一中(現・東京都立日比谷高等学校)、旧制第一高等学校理科乙類(現・東京大学教養学部)を経て東京帝国大学医学部に進学。同大学において青山胤通に師事したのち、1943年に東京帝国大学医学部卒業、医院を開業。 その一方で、学生時代から文学に関心を寄せ、在学中に中村真一郎・福永武彦らと「マチネ・ポエティク」を結成。Wikipediaより

訃報

加藤 周一氏(かとう・しゅういち=評論家)5日、多臓器不全のため東京都世田谷区の病院で死去、89歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取りや喪主などは未定。東大医学部卒。戦後間もなく文筆活動を始め、文学から芸術、文明批評まで幅広い分野の著作を発表。日本文化の特性を指摘した「雑種文化論」は大きな話題を呼んだ。サルトルをはじめ、欧州の知識人との交流も深く、戦後民主主義を代表する日本の知識人として知られた………

加藤周一氏死去 評論家 - 47NEWS(よんななニュース) より