おくやみ:マタ・ハリ氏

パリを中心に活躍したマレー系オランダ人のダンサー、高級娼婦。第一次世界大戦中にスパイ容疑で逮捕され有罪判決を受けて処刑される。
1917年 10月15日 没 享年41 死刑により死去

略歴

マタ・ハリ(Mata Hari、1876年8月7日 - 1917年10月15日)は、フランスのパリを中心に活躍したマレー系オランダ人の踊り子(ダンサー)、ストリッパー。第一次世界大戦中にスパイ容疑でフランスに捕らえられ、有罪判決を受けて処刑された。「マタ・ハリ」はダンサーとしての芸名であり、本名はマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ(Margaretha Geertruida Zelle)。世界で最も有名な女スパイとして、女スパイの代名詞的存在となった。 生涯 オランダフリースラント州・レーワルデンにて、アムステルダム生まれのアダム・ツェレ(1840年10月2日 - 1910年3月10日)と、ジャワ系の祖先をもつ母アンテェ・ファン・デル・ムーレンの間にて、4人兄弟の長女として生まれる。父は石油産業への投資を成功させて店を持ち、マルガレータが贅沢な暮らしができるほど裕福になったため、マルガレータは13歳まで上級学校に通えた。 しかし、マルガレータの父は1889年に破産し、その後両親はすぐに離婚。マルガレータの母は1891年に亡くなった。Wikipediaより