おくやみ:山本宣治氏

戦前の政治家。民主的な政策を推進したため右翼団体員に刺殺される。
1929年 3月5日 没 享年39 刺殺により死去

略歴

山本 宣治(やまもと せんじ、1889年(明治22年)5月28日 - 1929年(昭和4年)3月5日)は、日本の戦前の政治家、生物学者。京都府出身。 山本宣治を略して山宣(やません)と呼ぶこともある。 生い立ち 1889年、京都府京都市の新京極で、花かんざし屋のワンプライスショップ(今でいうアクセサリー店)を営む山本亀松、多年の一人息子として生まれた。両親は熱心なクリスチャンだった。宣治は厳粛な耶蘇教主義の下に薫陶された。 1901年、神戸中学校に入学したが、身体虚弱のため中退した。両親が彼の養育のために建てた宇治川畔の別荘(後に料理旅館「花やしき浮舟園」に発展)で花づくりをして育った。 園芸家を志して1906年、大隈重信邸へ住み込み、園芸修行を行う。1907年からカナダのバンクーバーに渡る。5年間、皿洗い、コック、園丁、鮭取り漁夫、列車給仕、伐木人夫、旅館のウェーター等30余種の職業を転々として傍ら小学校、中学校に通う。Wikipediaより