おくやみ:アメデオ・モディリアーニ氏

画家。イタリア出身、パリで活躍
1920年 1月24日 没 享年35 肺結核により死去

略歴

アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani、1884年7月12日 - 1920年1月24日)は、イタリアの画家、彫刻家。主にパリで制作活動を行った。芸術家の集うモンパルナスで活躍し、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家の一人に数えられる。 幼少期 1884年にトスカーナ地方のリヴォルノのローマ街33番地でフラミニオ・モディリアーニ(父)とエウジェニア・ガルシン(母)の間に2男1女に続く末っ子として生まれる。両親はともにセファルディ・ユダヤ系のイタリア人である。当時モディリアーニ家は林業や銀鉱を経営していたが、モディリアーニが生まれた年に倒産している。幼少期に父フラミニオは旅行をすることが多くモディリアーニの話し相手になっていたのは母方の祖父イサーク・ガルシンであった。彼は博学でモディリアーニに芸術や哲学の話を聞かせていた。一方母エウジェニア・ガルシンには日記をつける習慣があり、そこからはモディリアーニの芸術の才能に早くから気づいていたことを知ることができる。Wikipediaより