おくやみ:香月弘美氏

宝塚女優、舞台装置にベルトが挟まれ胴体が切断されて死亡
1958年 4月1日 没 享年21 事故死により死去

略歴

香月弘美(かつき ひろみ、本名:小笠原 弘恵、1936年8月21日 - 1958年4月1日)は、宝塚歌劇団月組の元タカラジェンヌ(娘役・41期生)。神奈川県藤沢市片瀬出身。 略歴・人物 湘南白百合学園小学部、中学部の同級生で中学卒業後すぐ宝塚歌劇団に入った松島三那子の影響で、湘南白百合学園高等学校中退で宝塚音楽学校入学。愛称は「ヒロエちゃん」。初舞台は1954年(昭和29年)4月の「春の踊り」。宝塚入団時の成績は51人中17位。 1958年(昭和33年)4月1日に宝塚大劇場で行われた公演に出演中、着用していた衣装ドレスの裾がせりの駆動部分に巻き込まれて死亡。享年23(満21歳)。舞台機構が原因の上演中劇場事故による日本国内唯一の殉職者。 香月弘美が宝塚歌劇団在籍中に発行された『歌劇』には、彼女の舞台写真や関連記事はほとんど見当たらない。香月は、歌劇団娘役としてごく目立たない存在だったと思われる。松島三那子の回想では、1958年に入ってそろそろ宝塚を退団したいと松島に漏らしていた。その矢先に起きたのが、この事故であった。 (注)娘役として人気があり、花形を集めた「エレガントガールズ」を組んで、宝塚でも売り出し中だったと説もある。Wikipediaより