おくやみ:川合伸旺氏

俳優
2006年 6月24日 没 享年74 脳梗塞により死去

略歴

川合 伸旺(かわい のぶお、1932年4月18日 - 2006年6月24日)は、日本の俳優、声優。本名は川合 伸男(読みは同じ)。 来歴・人物 愛知県豊橋市出身。愛知県立時習館高等学校卒業。劇団青俳・劇団NLT・三島由紀夫主宰の浪曼劇場を経て、フリーに。時代劇の名悪役として知られる。特に「悪代官」役を数多く演じ、テレビドラマの時代劇における悪代官のイメージを確立させた役者の一人とされている。その一方で千葉真一主演の映画『激突! 殺人拳』の空手家と時代劇『服部半蔵 影の軍団』第4話「京の春・お歯黒の罠」での京都所司代や、西田敏行主演の時代劇『翔んでる!平賀源内』での町奉行・能勢甚四郎など、悪役でない温厚な好人物を演じており、その芸域は幅広い。 プライベートでは時代劇で見せる演技とは異なり、大変気さくな穏やかな人物であった。街頭で通り掛りの子供達から「悪代官だ!」と声を掛けられても決して嫌な顔をせず、笑顔で手を振って答えていたという。川合自身も「子供達が私の名前を知らなくても、顔を見ただけで『時代劇の悪代官の人だ!』と言われるのは、役者としてとても嬉しいことです」と語っている。Wikipediaより

訃報

 時代劇の悪代官役で知られる俳優川合伸旺(かわい・のぶお)さんが06年6月24日午後7時56分、脳こうそくのため東京都中央区の病院で死去した。74歳。通夜は29日午後6時から東京都渋谷区西原2の42の1代々幡斎場で、葬儀・告別式は30日午前10時から同所で営まれる。喪主は妻紀子(のりこ)さん。川合さんは愛知県豊橋市出身で、劇団青俳や三島由紀夫主宰の「浪漫劇場」などで活躍。ドラマ「水戸黄門」「暴………

川合伸旺さん(俳優)が脳こうそくのため死去より