おくやみ:伊藤野枝氏

大正期のアナーキスト、婦人解放運動家。憲兵大尉・甘粕正彦に殺害される
1923年 9月16日 没 享年27 扼殺により死去

略歴

伊藤 野枝(いとう のえ、1895年1月21日 - 1923年9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家。戸籍名では、伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で殺害された。 成長期 福岡県糸島郡今宿村(現・福岡市西区今宿)に生まれた。7人兄妹の三番目で長女。父・亀吉は1866年生まれ、母ムメは1867年生まれ。かつて伊藤家は「萬屋」(よろずや)という海産物問屋だったが、野枝が生まれる頃には没落していた。父は中年以降、鬼瓦(おにがわら)を彫る瓦職人になったが放蕩者で気位が高くろくに仕事をしないため、母が塩田の日雇いや農家の手伝いなどをして暮しを立てた。Wikipediaより