おくやみ:愛新覚羅溥儀氏

清朝の第12代皇帝宣統帝、「ラスト・エンペラー」
1967年 10月17日 没 享年61 がんにより死去

略歴

愛新覚羅 溥儀(あいしんかくら ふぎ、アイシンギョロ・プーイー、満州語:ᠠᡞᠰᡞᠨᡤᡞᠣᠷᠣᡦᡠ ᡞ、転写:Aisin gioro Pu i、1906年2月7日 - 1967年10月17日)は、清朝第12代にして最後の皇帝(在位:1908年12月2日 - 1912年2月12日)、後に満洲国皇帝(在位:1934年3月1日 - 1945年8月18日)。1964年から中華人民共和国中国人民政治協商会議全国委員。 中華圏最後の皇帝であり、その生涯を題材にした映画から『ラストエンペラー』として知られる。清朝皇帝時代には、治世の元号から中国語で宣統帝と称された。清朝滅亡後に日本政府の支持のもと満洲国の執政に就任、満洲国の帝政移行後は皇帝に即位し、康徳帝と称した。満洲国の崩壊とともに退位し、赤軍の捕虜となった。その後中華人民共和国に引き渡され、撫順戦犯管理所からの釈放後は一市民として北京植物園に勤務、晩年には中国人民政治協商会議全国委員に選出された。 字を「浩然」あるいは「耀之」という。廟号は憲宗(1967年に与えられたが、公式ではない)、恭宗(2004年に与えられたが、公式ではない)。Wikipediaより