おくやみ:愛新覚羅慧生氏

愛新覚羅溥儀の弟である愛新覚羅溥傑の娘
1957年 12月10日 没 享年19 心中により死去

略歴

愛新覚羅慧生(あいしんかくら えいせい、1938年2月26日 - 1957年12月4日頃)は、清および満州国皇帝・愛新覚羅溥儀の実弟溥傑の長女。天城山心中で死亡した女性として知られる。 ※以下の記述は、脚注を除き、愛新覚羅浩1992年・舩木1989年による。 1937年(昭和12年)4月、溥傑と嵯峨浩(日本の侯爵家出身)が日本内地で結婚し、千葉市稲毛で新婚生活を始め、そこで浩は懐妊する。同年9月に溥傑が、10月には浩が渡満し、翌1938年(昭和13年)夫婦の第一子として、満州国の首都新京(現:長春市)で生まれる。翌年、父が満州国駐日大使館に勤務となり、東京に行く。その次の年の1940年(昭和15年)に妹の嫮生(こせい)が生まれた後、新京に戻る。新京にいる間は皇帝である伯父の溥儀に大変可愛がられた。 1943年(昭和18年)春、学習院幼稚園に通うために再び日本に行き、日吉(神奈川県横浜市港北区)にある母の実家の嵯峨家に預けられる。これ以後19歳で死ぬまで、日本で過ごすことになる。同年秋、父が陸軍大学校に入学する関係で父母や妹が東京に来たため、一家で麻布狸穴で生活する。Wikipediaより