おくやみ:ペーター・キュルテン氏

ドイツの連続殺人犯、「デュッセルドルフの吸血鬼」の異名を持つ
1932年 7月2日 没 享年49 死刑により死去

略歴

ペーター・キュルテン(Peter Kürten, 1883年5月26日-1932年7月2日)はドイツの連続殺人犯。デュッセルドルフの吸血鬼 (ドイツ語: Der Vampir von Düsseldorf) という異名を持つ。強姦、暴行、殺人を行い、1929年1月から11月までのデュッセルドルフの凶行で有名。名前を英語読みし、ピーター・キュルテン(ピーター・カーテン)とも言われる。近代シリアルキラーの原点の一つとして語られる。 1883年5月26日、13人兄弟の3人目としてミュールハイムに生まれる。家庭環境は極貧で児童虐待も日常的に行われていた。父親は大酒のみで妻に家庭内強姦を強いており、キュルテンが4歳の時には実の娘と近親姦を行ったとして1年3ヶ月の懲役刑を受けている。そのような荒れた環境の中キュルテンは軽犯罪者として成長して行き、しばしば家から逃げ出した。 最初の殺人 9歳の時、泳いでいる2人の友達を溺死させるという、初めての殺人を犯したと後に彼は語っている。Wikipediaより