おくやみ:エド・ゲイン氏

アメリカ合衆国の連続殺人犯、人間の死体を使って食器や家具を作成
1984年 7月26日 没 享年77 呼吸不全により死去

略歴

エド・ゲイン(Ed Gein、本名はエドワード・セオドア・ゲイン〈Edward Theodore Gein〉、1906年8月27日 - 1984年7月26日)は、アメリカ合衆国の殺人者、墓荒らしである。彼の犯罪は、彼が地元の墓場から掘り返した死体で作り出した恐ろしい「戦利品」と「記念品」を警察当局に発見されたことで名を馳せた。彼の有罪判決は2人の人間の殺害のみであるにもかかわらず、しばしば連続殺人者と呼ばれる。 人間の死体を使って、ランプシェイドやブレスレットを作ったことで知られており、アメリカの殺人史を代表する1人である。本人によると、自分の名前の正確な発音は「エド・ギーン」であるというが、本項名である「エド・ゲイン」のほうがよく知られている。 1957年頃のエド・ゲインの写真 生い立ち・母の教育 1906年8月27日、ウィスコンシン州バーノン郡(Vernon County, Wisconsin)にて、父ジョージ・ゲインと母オーガスタ・ゲインの次男として生まれる。Wikipediaより