おくやみ:田岡一雄氏

ヤクザ、山口組三代目組長
1981年 7月23日 没 享年68 急性心不全により死去

略歴

田岡 一雄(たおか かずお、1913年3月28日 - 1981年7月23日)は、日本のヤクザ、実業家。山口組三代目組長。甲陽運輸社長、芸能事務所・神戸芸能社社長、日本プロレス協会副会長。田岡満、田岡由伎の父(子は異母兄弟)。 誕生から山口組三代目継承まで 1913年(大正2年) 、徳島県三好郡三庄村(後:三加茂町、現:東みよし町)大字西ノ庄高木の貧しい小作農家に三女、二男の次男として生まれる。父はすでに病没していた。田岡家の菩提寺は四国三十六不動尊霊場第8番札所および阿波西国三十三観音霊場第11番札所の真言宗御室派駅路山長善寺。 1919年(大正8年)、三庄村尋常小学校1年生のとき母親を過労で亡くし、一人だけ叔父の河内和四郎(鐘紡専属の荷役現場監督)に引き取られて神戸市兵庫区浜山通6丁目に転居。貰い子として叔母から冷遇され、酒飲みの叔父からは暴力を受けて育つ。 1925年(大正14年)浜山小学校を卒業そして兵庫尋常高等小学校高等科へと進学した。1927年(昭和2年)卒業後、地元の川崎造船所に旋盤見習工として入社するが2年後の1929年(昭和4年)に現場主任を殴打して退社した。Wikipediaより