おくやみ:牧野直隆氏

日本高野連名誉会長
2006年 7月18日 没 享年95 膵臓がんにより死去

略歴

牧野 直隆(まきの なおたか、1910年10月6日 - 2006年7月18日)は、鹿児島県出身の野球選手、指導者、日本高等学校野球連盟会長。 慶應商工学校から慶應義塾大学経済学部卒業。慶大野球部では主将・遊撃手として活躍。水原茂と三遊間コンビを組んだ。水原リンゴ事件の際には主将として混乱の収拾にあたり、早慶戦、大学野球の灯りを死守した。 1934年に鐘淵紡績に入社した後もアマチュア野球選手としてプレーを続け、同年の第8回全日本都市対抗野球大会では三原脩と共に全大阪チームのメンバーとして出場して優勝したほか、アメリカ・大リーグ選抜が2度目の来日をした際には全日本チームのメンバーに選ばれた経験も持つ。 戦後は、全鐘紡監督として1950年から都市対抗野球3連覇を果たす。1951年度の大会ではプロ球団南海ホークスの二軍選手が出向していた南海土建野球部と対戦した。前後して、東京六大学野球で審判員も務めた。 1981年、佐伯達夫の死去を受けて第4代日本高等学校野球連盟会長に就任。2002年11月に勇退するまで、11期21年の長期にて会長を務めた。Wikipediaより

訃報

 日本高野連名誉会長の牧野直隆氏が06年7月18日午後3時40分、すい臓がんのため、兵庫県西宮市の兵庫医大病院で死去した。95歳。鹿児島県出身。慶大からノンプロ全大阪チーム、全鐘紡総監督を経て、81年に4代目日本高野連会長に就任。02年の勇退まで高校野球の体質改善に尽力した。葬儀は近親者のみで行う。喪主は恵子(けいこ)夫人。後日、日本高野連が「お別れの会」を開く。

牧野直隆氏(日本高野連名誉会長)がすい臓がんのため死去より