おくやみ:角田文衞氏

歴史学者
2008年 5月14日 没 享年95 急性呼吸器不全により死去

略歴

角田 文衞(つのだ ぶんえい、1913年4月9日 - 2008年5月14日)は、日本の歴史学者(古代学専攻)。文学博士。従四位勲三等。研究分野は文献史学と考古学の両分野で、その論考には日本・東アジア・ヨーロッパ・北アフリカ(地中海世界)にまたがる幅広いものがあった。 来歴・人物 福島県伊達郡桑折町出身。成城高等学校在学中から濱田耕作の学問を慕い、京都帝国大学に進学し濱田の指導により考古学を学んだ。濱田の在職中での病没と、先輩の梅原末治との確執が無ければ、濱田の後継者だったとの説も有るほど将来を期待された学徒であった。主要な研究テーマは、日本の奈良・平安時代史から古代学方法論、古代ギリシア・ローマ考古学、南ヨーロッパ・北アフリカの旧石器考古学、ユーラシア北方考古学など広範囲に及ぶ。 妻・有智子は岸本綾夫の次女なので、手塚治虫とは義理のいとこに当たる。 1913年4月9日 - 福島県桑折町に生まれる 1926年3月 - 仙台市立片平丁尋常小学校卒業 1930年4月 - 宮城県立仙台第一中学校退学し上京 1934年3月 - 成城高等学校卒業 1937年3月 - 京都帝国大学文学部史学科考古学専攻卒業 1937年4月 - 京都帝国大学文学部副手 1937年5月 - 京都帝国大学大学院に入学 1939年 - 1942年、日伊交換学生としてイタリアに留学 1942年12月 - 帰国後引き続き京都帝国大学文学部副手 1944年7月 - 召集令状を受け満洲に出征し、戦後シベリア抑留 1948年3月 - 復員、京都大学副手廃嘱 1949年3月 - 京都大学大学院を退学 1949年7月 - 大阪市立大学助教授 1953年7月 - 大阪市立大学教授 1967年3月 - 大阪市立大学を退職 1967年4月 - (財)古代学協会・平安博物館館長兼教授 1968年4月 - 文学博士(大谷大学、学位論文「紫式部とその時代」) 1986年4月 - 勲三等瑞宝章受章 1988年9月 - 平安博物館の廃館・古代学研究所の新設にともない、(財)古代学協会・古代学研究所所長兼教授 1990年4月 - (財)古代学協会理事長 2007年6月 - (財)古代学協会理事長を辞任、名誉会長に就任 2008年5月14日午後11時59分、急性呼吸器不全のため自宅で死去(享年95)。Wikipediaより