おくやみ:オスカー・シンドラー氏

ドイツの実業家、ナチスのホロコーストからユダヤ人を救った
1974年 10月9日 没 享年66

略歴

オスカー・シンドラー(Oskar Schindler、1908年4月28日 - 1974年10月9日)は、メーレン(当時オーストリア領、現チェコ領)生まれのズデーテン・ドイツ人の実業家。第二次世界大戦中、ドイツにより強制収容所に収容されていたユダヤ人のうち、自身の工場で雇用していた1,200人を虐殺から救った。 生涯 生い立ち オスカー・シンドラーは、1908年4月28日、当時オーストリア・ハンガリー帝国領だったメーレン地方(モラヴィア地方)のツヴィッタウ(Zwittau)(現・チェコのスヴィタヴィ(Svitavy))に生まれた。 父は農業機械の工場を経営するヨハン・ハンス・シンドラー(Johann Hans Schindler)。母はその妻フランツィスカ・"ファニー"(Franziska "Fanny")(旧姓・ルーザー(Luser))。1915年に妹エルフリーデ(Elfriede)が生まれた。シンドラー家は16世紀にウィーンからメーレン地方へ移住してきた一家であった。メーレン地方は第一次世界大戦後にチェコスロバキア領となっているが、シンドラーはドイツ(オーストリア)系であったのでチェコスロバキアではなくドイツにアイデンティティを感じるようになった。Wikipediaより