おくやみ:清水崑氏

漫画家
1974年 3月27日 没 享年61

略歴

清水 崑(しみず こん、本名:清水 幸雄、1912年9月22日 - 1974年3月27日)は長崎県長崎市出身。昭和の漫画家。妻は俳人の石橋秀野(山本健吉夫人)の妹。
旧制長崎市立商業高校(現在の長崎市立長崎商業高等学校)を卒業後上京、似顔絵描きをしながら絵の修行をする。その後横山隆一・近藤日出造らの新漫画派集団に参加、1935年『新青年 (日本) 新青年』に「東京千一夜物語」を連載。これがヒットし後で内田吐夢監督によって映画化される。
戦後「新夕刊」の政治漫画を担当後、朝日新聞社嘱託。時の吉田茂首相の風刺画で人気を博し、サンフランシスコ講和会議には全権団の取材に派遣され、連日文章つきで漫画の見聞録を送る。1953年からは週刊朝日で「河童 かっぱ天国」を連載、黄桜酒造(2006年10月から黄桜に社名変更)社長・松本司郎の目に留まり1955年から同社のキャラクターとして採用された(後に小島功に引き継がれる。黄桜のホームページにて当時のCMを見ることが可能)。また同年にはカルビーの「かっぱあられ」に代表される菓子広告も手がけるようになり、現在でも往時の名称は「かっぱえびせん」に名残をとどめている。
Wikipediaより