おくやみ:ハンナ・アーレント氏

ドイツ出身のアメリカの哲学者
1975年 12月4日 没 享年69 心不全により死去

略歴

『ハンナ・アレント』より : ハンナ・アーレント(Hannah Arendt、1906年10月14日 - 1975年12月4日)は、ドイツ出身のユダヤ人でアメリカ合衆国に亡命した哲学者、思想家。主に政治哲学の分野で活躍した。全体主義を生みだす大衆社会の分析で知られる。 小惑星100027「Hannaharendt」は彼女に敬意を表して命名された。 生涯 幼年時代 ドイツ、ケーニヒスベルクの旧い家柄である、ドイツ系ユダヤ人のアーレント家に生まれる。出生地はハノーファー郊外のリンデン(Linden)。父は工学士の学位を持ち、電気工事会社勤務のパウル・アーレント、母はマルタ・アーレント。両親ともに社会民主主義者であった。 父パウルはギリシアやラテンの古典についての深い造詣を持つ教養人で、ハンナの読書は彼の蔵書から始まった。母マルタは注意深くハンナを育て、詳細な育児記録が残っている。それによると、幼いハンナは一人でいることを好まず、好奇心が強く、知的にきわめて早熟で、言葉や数学に対しては高い理解力を見せ、音楽を好みつつ音痴だったという。Wikipediaより