おくやみ:梶本隆夫氏

阪急元監督
2006年 9月23日 没 享年71 呼吸不全により死去

略歴

梶本 隆夫(かじもと たかお、1935年4月8日 - 2006年9月23日)は、岐阜県多治見市出身のプロ野球選手(投手)・監督・野球解説者。山梨県甲府市生まれ。 愛称は「梶」あるいは「梶さん」「梶やん」。 弟は元プロ野球選手の梶本靖郎。 プロ入りまで 実家は岐阜県多治見市の「梶本ミシン商会」。梶本が中学の時父親が亡くなり、母が女手ひとつで子育て、仕事を切り盛りした。多治見工業高校では同期の安藤順三とバッテリーを組む。1952年秋季中部大会に進むが、1回戦で浜松北高に惜敗し、翌年春の選抜への出場を逸する。1953年夏の甲子園岐阜県予選では2回戦で郡上高から完全試合(7回コールド)、準々決勝で関一高からノーヒットノーランを記録するなど活躍。決勝でも岐阜高をノーヒットノーランで降し優勝、三岐大会に進出するが決勝で津高に完封負け、甲子園出場はならなかった。 現役時代 プロ3球団から入団交渉を受け、阪急が契約金50万、中日が120万、最後の巨人が200万。Wikipediaより

訃報

 阪急(現オリックス)のエース左腕として、通算254勝を挙げた梶本隆夫氏が06年9月23日午前6時26分、呼吸不全のため神戸市内の病院で死去した。71歳だった。今年も野球評論活動を行っていたが、関係者によると最近は体調を崩して入退院を繰り返していたという。

梶本隆夫氏(阪急元監督)が呼吸不全のため死去より