おくやみ:牧口常三郎氏

宗教家、創価学会の前身である創価教育学会の創立者
1944年 11月18日 没 享年73 獄死により死去

略歴

牧ロ 常三郎(まきぐち つねさぶろう、1871年7月23日〈明治4年6月6日〉 - 1944年〈昭和19年〉11月18日)は、日本の思想家、教育者、地理学者、宗教家。 生い立ち 1871年7月23日(明治4年6月6日)、柏崎県刈羽郡荒浜村(現:新潟県柏崎市)で渡辺長松・イネの長男として誕生。出生名は渡辺 長七(わたなべ ちょうしち)。1877年、親戚である牧口善太夫の養子となる。 尋常小学校教師 1885年に尋常小学校を卒業後、単身、北海道へ職を求めて渡る。小樽警察署の給仕をしながら苦学の末に、1891年、札幌の北海道尋常師範学校(現:北海道教育大学)第一学部3学年に編入。 1893年、常三郎(つねさぶろう)と改名。同年3月に卒業し、母校の付属小学校の教師となる。当時24歳であった1895年、牧口熊太郎の二女クマ(当時18歳)と結婚。1901年、母校の助教諭となる。 『人生地理学』発刊 1902年、国粋主義で知られる地理学者の志賀重昂の門を叩く。Wikipediaより

訃報

1941年、機関誌『価値創造』を発刊する。1942年、同誌が廃刊となる。戦時下特別高等警察による監視が続けられる中で、牧口は国内各地において座談会を開催する。1943年、日蓮正宗総本山大石寺に呼ばれた牧口は、日蓮正宗管長鈴木日恭から「(学会も)神札を祀るようにしてはどうか」と提案されるがこれを拒絶する。1943年5月、神社神道を批判したことで機関誌『新教』が廃刊となる。伊豆での座談会開催直後の1943年7月6日、政府………

牧口常三郎 - Wikipediaより